心もカラダもHappyに!★Harukaのもぐもぐ通信★

シアトル生活、留学、国際結婚、英語、グルテンフリー、アトピー、手湿疹 etc.

今年もよろしくお願いします!(2018)

f:id:haruka-kitchen-2016:20180102163510j:plain

2017年は入籍、グリーンカード申請、卒業、仕事を始める、シアトルと日本で結婚式、新婚旅行、家探し(ゆるりと進行中)、グリーンカード取得、とライフイベントが盛り沢山の一年でした

ただ、ライフイベントはたくさんあって、表面上のステータスは色々と変わったけれど、内面はちょっと逆戻りしてしまった感があります。
なので2018年は自己成長にもっと力を入れていきたいと思います!
これまで何かをコツコツ続けることが苦手で、続いたとしても、2~3か月だけ集中的にやってその後燃え尽きてしまうというパターンを繰り返していました。
なので2018年は、とりあえずちゃんとできなくてもいいから、少しでもいいから「行動し続ける」ということにフォーカスしたいです。

そのためにブログの投稿も、ちゃんとした文じゃなくてもいいから続けることを目標にします。
そしてもし途切れてしまっても、そこで止まってしまわずにすぐに復活することを目指します。

皆さま昨年は大変お世話になりました。
今年もよろしくお願いします!!

※写真(上)はシアトルのスペースニードル、新年の花火の様子です。
アレックスの友人がボートでの花火鑑賞に誘ってくれたのですが、ボートのエンジンがかからないというハプニングが発生し、結局桟橋から見たのですが、十分いい眺めでした
ところで大晦日から新年にかけての夜は、なんとバスが無料でした!(他の時間帯は利用してないのでわかりませんが)粋だなぁ✨

 

グリーンカード、面接からわずか9日で届きました。

f:id:haruka-kitchen-2016:20171229145929j:plain

昨日面接通過通知が届いたという投稿をしたばかりですが、なんと今日グリーンカード本体が届きました!!

実際に面接通過通知が来たのは一昨日なので、通知からわずか2日で届いたことになります。

申請してから面接まで10カ月もかかったのに、面接後はあっという間でした( ゚Д゚)。

それにしても郵便局の優先郵便で届いてましたが、サインも何もなしで、普通に他の郵便と一緒にポストに投函されてました汗。

めっちゃ大切なものなのに~~~~💦

去年クリスマスシーズンに郵便物紛失もしくは盗難が相次いだので、郵便配達に関してとても不安があります汗。

でも無事に届いたから良かった~~~~!!!

それにしても、グリーンカードのこの写真、提出した写真とは違う気がするのですが、指紋採取の時に撮った写真でしょうか??

なぜ私こんなに首が傾いてるんだろう(-_-;)

ちなみに、結婚が理由で取得する最初のグリーンカードの有効期限は2年だけです。

2年後にまた更新しないといけないんですが、またあのくそ面倒くさい書類集めをしなきゃいけないのかなぁ…。

それにしても、今年は入籍→グリーンカード申請→卒業→仕事を始める→シアトルで結婚式→日本で披露宴&新婚旅行→家探し→グリーンカード取得、とライフイベント盛沢山な1年でした✨

ステータスや環境などの外的要素ばかりが目まぐるしく変わって、そちらにばかりフォーカスしてしまい、内面の成長はあまりできなかったので、来年は内面の成長にフォーカスしたいと思います。あ、でも内面の成長と共に外的要素も更に良くしていきたいです!(とりあえず素敵なお家に引っ越したい)

 

★関連する過去記事★

 haruka-kitchen-2016.hatenablog.com

 

 

 

 

 

グリーンカードの面接通過しました!

http://usfl.com/wp-content/uploads/2016/12/wernick22n-1-web.jpg

2月にグリーンカードの申請をしてから10カ月、先週やっと面接を受けることができました。

面接のお知らせには、申請の際に提出した書類のコピーをまた持って行かないといけないと書いてあり、当日の朝に全てコピーして持って行きましたが、実際には既に提出した書類は出さなくてOKでした。

戸籍とその翻訳もまた持って来いと通知には書いてあったけど、実際には必要なかったです。(戸籍とったのが6か月以上前なせいで領事館で翻訳証明もう出してもらえなかったのでよかったけど)

でも持って行ってよかったなと思うのは、結婚式の時の料理のメニューとその請求書のコピー(実際に式を挙げたことを証明する材料になりました)と結婚式の時の写真。

結婚式の写真は5枚ほどしか持って行かなかったのですが、「これだけ?」と訊かれたので、もっと持って行けばよかったと思いました。

あと本当は結婚式の写真だけでなく、今までの記念日の写真とか手紙とかも全て持って行ってたのですが、返してもらえないのが嫌で、提出用に持って行った結婚式の写真だけ見せて終わってしまったので、提出はできないけどと断って見せるだけ見せたらよかったなと思いました。

まぁそうは言っても面接終了時に既に「OK」という感じだったし、実際面接からわずか1週間でグリーンカード承認通知が届いたので、全く問題はなかったんですけど。

せっかく持って行ったから見せればよかったなぁくらいです。

早い人は6か月で届くという話もネットで見ましたが、それは以前の話で、今は1年くらいが平均の気がします。申請が殺到してるんだろうな。。。

面接までにあまりに時間がかかったので少し不安でしたが、なんとかOPT切れる前に取得できそうなので安心しました(*^^*)

グリーンカードこれから申請する人、申請中の人、少しでも参考になれば幸いです!

Good luck!!

 

★関連する過去記事★

haruka-kitchen-2016.hatenablog.com

 

 

 

 

100万円で家購入チャレンジ経過報告その2。成功&250万円値引きをゲットしたけどやっぱり手放した件。

http://www.denverpropertygroupllc.com/wp-content/uploads/2014/11/House-Hunting.jpg

2件目のお家は、アレックスのお母さんイチ押しのお家(これです)。

もともとお義母さんが投資物件として買いたいと目をつけていたお家で、なんとアレックスが以前住んでいた実家の目の前という(笑)。

庭がないとか、駅からちょっと離れてるとか、家の中がとても汚いとか(現在も人が住んでます)、アレックスのご両親の持ち家の目の前とか(笑)、色々気になる点はあるものの、「二世帯住宅」というAirbnbに最適な条件に惹かれオファーしました。

でもインスペクション(点検)をしてもらったら、色々修繕しないといけないところがたくさん見えてきて、修繕費と時間があまりにもかかるという理由で、結局キャンセルしました。

最終的には合計25000ドル(250万円くらい)の値引きにも応じてくれたのですが、修繕費とかかる時間のことを考えて、断りました。

それと正直、この家を売ってる不動産屋さん(エージェント)が気に入らなかったというのもあります。

とてもあからさまなセールスだったので、こちらの熱が冷めてしまいました。

アレックスは家探しに疲れたのと、金銭的不安から、しばらく家探しはやめて、貯金しながら様子を見ようと言い出しました。

私も一応それで同意したのですが、今住んでいるところはハウスシェアなので、キッチンやバスルームが自由に使えないという葛藤があり、できるだけ早く自分たちの場所を持ちたいなぁと思ってます。

なのでついついRedfin(不動産アプリ)をチェックしてしまいます(笑)。

 

<過去記事>

haruka-kitchen-2016.hatenablog.com

 

グリーンカードの面接日決定

http://www.todayifoundout.com/wp-content/uploads/2015/02/green-card.jpg

2月に申請したグリーンカード

3月に指紋採取をして、今月やっとインタビュー(面接)のお知らせが来ました。

面接は12月19日です。

申請から面接まで10か月もかかってます。

面接の後実際にグリーンカードが届くまでにも1~2か月はかかると思うので(それ以上かからないことを祈る)、結局申請から取得まで1年ということになるのかなぁ。

早い人は6か月で取得できるという話を聞いていたので期待していたのですが、昔の話のようですね。

来年の4月にはOPT(短期就労ビザ)が切れてしまうので、6か月という話に期待せず早めに申請して良かったです。

それにしても、グリーンカード申請の際には全てコピーを保存しておくように、という経験者からのアドバイスをいただき、その通りにしていたのですが、本当によかったです。

なんと、面接の際の持ち物に、「申請した際に提出した補助書類全て」とあるのです。

また戸籍謄本や、結婚証明書の公式コピーなど、すでに提出したものももう一度持参しろとありました。

原本、2部ずつもらっておいてよかった~~~~~!!!!

戸籍謄本なんかは日本から取り寄せないといけないので、面接の1か月前にお知らせが来てから取り寄せていたらギリギリ間に合うかどうかってところでした💦

機転を利かせて2部とっておいてくれた母に感謝です✨

申請から面接まであまりにも時間がかかったので、もしかしてお知らせの手紙が紛失してしまったんじゃないかとか何かのミスじゃないかと不安になって、何度もUSCISに電話したり、ウェブサイトでステータスチェックしたり、毎日ドキドキしながらポストを確認していたのですが、アレックスがウェブサイトで会員登録をしてくれたおかげで、お知らせの手紙が来る数日前にまず携帯にテキストメッセージが届きました。
なのでグリーンカード申請した後はUSCISでアカウントを作ることをおススメします。

 

【過去記事】

haruka-kitchen-2016.hatenablog.com

 

 

 

続・100万円で家購入チャレンジ!成功したのに自ら手放した件

https://www.proactivepestmanagement.com/wp-content/uploads/2016/07/home-for-sale.jpg

貯金100万円以下でシアトルで家が買えるのかチャレンジをしていると投稿しましたが、
先週の金曜に私たちのオファーが受け入れられました!!

私たちの職場からはかなり離れていて、毎日車で通わないといけないけれど、最寄りのバス停からは徒歩2分で、いざとなればバスと電車を乗り継いで行くこともできるし、何よりバス停に近いのでAirbnbには好条件。
家自体は少し小さいけど、土地はとても広くて年月をかければ増築の余地も十分にあるし、何より全て新品の豪華なキッチンに惚れました
オファーが受け入れられた(というより私たちがカウンターオファーを受け入れたんですが)時は、まるで養子縁組が決まったかのようにものすごく嬉しくて、カリフォルニア行きの飛行機の中で二人で家具や調理器具などのショッピングリストを作りました。
ずっと応援してくれていた職場の人たちや、ハウスメイトたちにもすぐに報告し、喜びをシェアしました。

ただ、問題が一つ。

家購入については、アレックスのご両親(特にお義母さん)がずっとアドバイスをくれていたのですが、今回の家は二人の好みではないことがわかっていたため(二人は基本的に大きい家が好きです)、二人に相談せずに話を進めてしまっていました。
カリフォルニアに着いて2日目に家のことを伝えたら、二人から猛反対にあいました汗。
理由は立地とエネルギー資源。
今回の家はエネルギー資源が電気だったのですが、電気はガスより高いため、冬の光熱費がものすごいことになると猛反対されました。
私がGoogleで調べてこの家より少し大きいくらいのサイズでの平均価格を出したら、月150ドルと出たのですが、お義母さんは「ネットのデータは信じられない」と言って、自分の賃貸の住人にその場で電話していくら払ってるか訊きました。
そうしたら、300ドルとのこと。それも一部屋しか暖房をつけてないのに300ドルとのこと。
それでお義母さんは私たちの家の場合2部屋つけることになるから600ドルかかる!と。
私が家の壁暖房ではなく、小型の電気ストーブを使う案も提案したのですが(計算したら小型ストーブなら毎日24時間つけてたとしても140ドル以下でした)、それにはお義父さんが反対。
普通の家は小型ストーブを長時間つけるのに耐えられるように作られていない、と言うのです。
これには正直疑問があったのですが、お義父さんは元大工さんで、実際に家の修繕やリフォームをやってきているし、何も言えませんでした。。。

結局私もアレックスも諦めて、2人の前でキャンセルすることに。
やっと見つけた理想のお家を手放すのはかなり惜しい気がしましたが、そんなに電気代がかかるのではということで泣く泣く諦めました。

が、

なんと、

お義母さんの言っていた光熱費というのは、実は2か月分だったということが、キャンセル後に判明。

お義母さんもお義父さんも完全に1か月分だと思い込んで話をしていて、私たちも光熱費の支払いは2か月に1回と言う仕組みを知らなかったために、完全に信じてしまっていました。

無知故の失敗です。。。

もう取り返しがつかないので仕方がないですが、もう少し知識があれば、キャンセル前にもう少し時間をとって調べていれば、と思うと悔しいです。。。

アレックスのご両親はこれまでに何件も不動産を購入し、それで資産を築いてきたので、不動産に関しては私たちよりずっと知識があるため、余計に信じてしまいました。。。

でも今回はGoogleの方が正しかった。。。

知識不足はこういう失敗を招くという、いい勉強になりました。

でもまだまだ諦めたわけではありません。
この後すぐにバックアップの別の物件をご両親に見せたら、二人ともとても気に入って、是非オファーを出して見ろとのこと。
(ただこの家は超人気物件なので私たちがオークションで勝てる可能性はほぼ皆無なのですが汗)

今回の見送りが、結果的に良かったと言えるように、もっともっと素敵なお家を見つけてみせます!!!

というわけで、チャレンジはまだまだ続くけど、とりあえず「貯金100万円以下でシアトルで家が買えるのか?」については「YES」です!!!!!


ちなみに今回私たちがほぼ購入したお家はこちら↓

https://www.redfin.com/WA/Seattle/11908-Renton-Ave-S-98178/home/197946

 

【前回の記事】

haruka-kitchen-2016.hatenablog.com

 

貯金100万円以下でシアトルで家が買えるのかチャレンジ!

f:id:haruka-kitchen-2016:20171114013517j:plain

子供のころ、「100万円あったら家買える?」と言って保育園の先生に大笑いされましたが、
今まさに現実でそれを実践しようとしてます。

アレックスと一緒に家購入資金を少しずつ貯めてきましたが、今年は入籍、グリーンカード申請、結婚式2回(シアトルと日本)、新婚旅行と出費が重なり、現在家購入資金の貯金は約75万円。100万円以下。

当然家購入なんて到底無理と思っていましたが、なんと突然購入可能の兆しが見えてきました。

Loftiumという今年9月にローンチしたばかりのスタートアップの会社が、家購入の際の頭金補助をしてくれるのです!
条件は1~3年間購入した家でAirbnbをして、その儲けを分けること。補助してくれる頭金は期間や売り上げの分ける割合と、購入する家のコンディション(立地、状態、間取りなど)によって変わります。

というわけで、先月から急に家を購入する気満々の私たち。
ここ数週間しょっちゅうハウスツアーに出かけています。

先週一軒とてもいいお家を見つけて、実際にオファーを出したのですが、頭金20%出してきたオファーに負けました涙。
私たちは頭金5%くらいだったので汗。

でも今日また中々良いお家を見つけたので、オファーを出そうかどうか検討中です。

アメリカの家購入は日本と違ってオークション式なので、いくらのオファーを出そうかどうかも悩みどころです。
頭金の額も買い手が決められるので、頭金が多い方が購入できる確率は断然高くなります。

なので結局もっと高い頭金を用意してる相手には、勝てないわけですが、頭金が低くても、総額のオファーが高ければ勝てる可能性はあるわけです。

シアトルは近年どんどん不動産の価格が高騰しているので、できるだけ早く家を購入したほうがいいということで、Loftiumの力を借りてなんとか早いうちに購入しようと頑張ってます

今年4月に食費1か月1万円チャレンジ(オーガニック、グルテンフリー、ベジタリアン、白砂糖なしで)をやりましたが(成功しました)、まさか今度は貯金100万円以下でシアトルで家購入に挑戦することになるとは(笑)。

皆さんどうか成功を祈ってくださいm(__)m

※写真はLoftiumから送られてきたサンクスギフト。