読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心もカラダもHappyに!★Harukaのもぐもぐ通信★

シアトル生活、留学、国際結婚、英語、グルテンフリー、アトピー、手湿疹 etc.

なぜトランプが当選したのか

Life in Seattle(シアトル生活) その他 ワシントン大学(シアトル&ボセル)

http://www.telegraph.co.uk/content/dam/news/2016/11/09/113257672_President-elect%20Donald%20Trump-large_trans++eo_i_u9APj8RuoebjoAHt0k9u7HhRJvuo-ZLenGRumA.jpg

イギリスのEU脱退くらい驚きの結果になりました。

まさかトランプが当選することはないだろうと思っていた人が多い中、実際にはアメリカの約半分1/4がトランプに投票しました。

 

私が住むシアトルでは「トランプに投票するなんてありえない」という考えがメジャーで、大学でもそういう発言が学生からも教授からもよく出ます。なので余計に驚きでした。

 

さて、なぜトランプが当選したのか、それについてとても興味深い記事を発見したのでここに紹介します。(英文)

medium.com

 

記事の内容を簡単に説明すると、

 

ヒラリーを対抗馬に出してしまった民主党と支持者とメディアに原因がある。

そもそもヒラリーが対抗相手になるべきではなかった。選挙の不正があったのに、メディアも支持者もそれを無視して何も行動を起こさなかった。バーニー・サンダースならトランプに勝てたのに、民主党とメディアはお金と権力のあるヒラリーを選んだ。

 

これは確かにそうだと思います。ヒラリー、民主党、メディアのバーニー・サンダースいじめはひどかったです。バーニーは各地キャンペーンで明らかにヒラリーを大きく上回る支持者を集めていて、シアトルに来た時もSafeco Fieldに何万人も集まりました。私もアレックスと一緒に行きましたが、開場1時間前からもうものすごい行列ができていてスタジアムから2ブロックも先まで並んでました。

それなのに大手メディアはこれを一切報道しなかったんです。

 

この記事はこう締めくくっています。

"At the end of the day, this is an opportunity to learn and grow and consider another world view. This is a wakeup call to get out of safe spaces, politically correct thinking, shatter echo chambers, and challenge yourself to consider the other side of the fence.

This is an opportunity to reach out and truly learn to understand each other.
We all have to come together to solve any real problems with our country in the next 4-years.

This election was a lesson to consider all ideas equally, regardless of established authority.We need to come together and move forward together."

 

ものすごいざっくりと言うと、今回の選挙の結果は、私たちが別の視点、考え方を学ぶ良い機会であり、政党に関係なく、全ての考えを平等に捉え、共に歩んでいかなければいけない、ということです。

選挙の翌日授業中に意見交換をする機会がありましたが、その中であるクラスメイトが言っていたことがとても印象に残ったのでこちらもシェアします。

彼女はこう言ってました。

「選挙が終わって、アメリカの心の狭さにがっかりした。トランプ当選が確定した途端、相手の考えを聴くことをせずに、色んなネガティブなことを推測してる。」


確かに私のFacebookでも色んな友達がとても悲観的なコメントをシェアしていました。

アメリカは多様性のある国、色々な側面をオープンに受け入れられる、それが強みでもあります。まあその逆を行こうとしているのがトランプ大統領でもありますが(苦笑)、確かにトランプが大統領になったからもうアメリカは終わりだみたいな悲観的な見方は、ある意味トランプがしていることと同じだと言えます。

 相手の意見を聴いたり、多様な改善策を思案することをせずに突っ走ってるわけですから。

と言っても、正直私も、トランプ側の意見は聞くに堪えないと思ってました(笑)。
(トランプ側も残りの意見は聞くに堪えないと思ってることでしょう(笑))
でもアメリカの半分1/4が支持している。
これを無視したらアメリカの半分1/4の意見を無視するのと同じです。

※すみません。投票率を考慮していなかったので訂正しました。
今回の選挙全体の投票率が56.9%2016g - United States Elections Projectによる最新結果)ということで、トランプに投票した人はアメリカの半分ではなく有権者の1/4ということになります。ご指摘くださった富裕層の政治は終わらないさん、ありがとうございます。

支持はしませんが、なぜ支持されているのか、支持している人たちは何を求めているのかを知り、対策を立てていくことが必要だと思います。(相手の望みをかなえることだけが対策ではありません。お互いに納得できる形の対策です。)