心もカラダもHappyに!★Harukaのもぐもぐ通信★

シアトル生活、留学、国際結婚、英語、グルテンフリー、アトピー、手湿疹 etc.

嫉妬の裏側にあるのは勘違いってゆー話。

http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/01/8c/da77953c0e159f9e079a21adb19fafae.jpg

昨日に引き続きできる人できない人の話です。
できてなくてもやる人がいる一方で、できてるのにできないって言ってやらずに逃げる人がいます。

私です。

まあ本人はできないって思い込んでるので、本人にとっては本当に「できない」なんですが。

でもある時ふと自分にもできるんじゃないか、実は既にできてるんじゃないか、と気づかされることが起こります。

韓国に留学してた時ハウスメイトだった友人(日本人)。
韓国語ほとんどできなくて、いつも私が通訳してました。
でもその子はそのレベルのまま韓国を対象にしたメディアの仕事について、韓流芸能人にインタビューしたりマネージャーしたり、更には同時に韓国で美容サロンの店長やったり。今では韓国に住んでます。
できなくても好きだからやり続ける。
そしたら引き寄せるし、できるようになる。

私はその子の行動力に圧倒されながらも少し嫉妬してました。
「私のほうが韓国語できるのに」
って。

でもそれって、「できるようになってからじゃないとやっちゃいけない」ってゆー勘違いから来てるんですよね。
その子はそーゆー私の思い込みに反することをしてるから、まだ思い込みに囚われてる私は嫉妬をする。

だったらできてもできなくてもとっとと挑戦すればいいのに!!
って話なんですが、思い込みに囚われてるうちは嫉妬と言い訳だけしてやらないんです。

昨日話した人気YouTuberの友達の件もそうです。

自分の英語の発音に自信がない私は英語で動画を作るって時点でハードルが高い。
でも中国出身のその子の動画見たら、私と大して差ないじゃん。
これまた英語の発音うまくないと英語の動画作っちゃ駄目っていう勘違いが判明。

さらに人気YouTuberになるってめっちゃクオリティ高くて面白い動画作らないといけないって思ってたけど、そうじゃないのかもしれない。
超高クオリティの動画を一年に1回だすより、ある程度のクオリティの動画を毎日アップするほうが効果的なのでは?

って毎日動画アップってかなりハードル高いですが。
ちなみに友達は週に2,3回のペースでアップしてます。
学校もあるのにこのペースってすごいです。
しかも洋服の作り方動画がメインなので動画編集よりも洋服作成にものすごく時間がかかってる。
勉強そっちのけでやってるようです。

結局何を選ぶのか。
勉強を選んでる私はそれが自分の選択なんだから、嫉妬してもしょうがない。
そして私にはそんな度胸も覚悟もないということ。

嫉妬をすることで嫌な気持ちになるのは、他の人がうまく言ってるからというより、自分の不甲斐なさを目の当たりにするからだと思いました。

本当は自分にもできるって心の奥で思ってるのに、失敗したら恥ずかしいからできないふりして、やることから逃げてる不甲斐ない自分。

そして失敗しちゃいけない、できないのにやっちゃいけないっていう勘違い。

もう止めよう。
勘違い。

 

今日は大事な面接があります。
失敗してもいいから最善を尽くすという気持ちで逃げずにやり切ろう

 

 

 

 
 
 

人気ブログランキング参加してます。

応援クリックよろしくお願いしますm(__)m

 

【関連した過去記事】

haruka-kitchen-2016.hatenablog.com